クリニックの看護師求人の選び方|病院との違いと人数の少ない診療所への転職の良し悪し

クリニックの看護師求人

クリニックの看護師求人の選び方|病院との違いと人数の少ない診療所への転職の良し悪し

看護師の勤務先の1つに、クリニックがあります。街で見かけるやや小規模な病院での勤務です。

クリニック勤務には、様々なイメージがあります。中でも、余裕がある働き方という声が目立ちます。

大病院で働いていますと、大変忙しく感じられる事もあるのです。人手があまり多くない病院ですと、確かに業務量も多くなるでしょう。

ですから、のんびりした働き方というイメージがあるクリニック勤務に興味を持っている方々も多いです。

しかし実際には、クリニックはのんびりした職場ではありません。むしろ大病院よりも、忙しくなる事があります。

と言うのもクリニックの場合は、従業員数は比較的少ないからです。しかも大病院と違って、多彩な業務を担当する事になりますから、思ったよりも忙しいケースも目立ちます。

それを知りながらも、クリニックに転職したいと望んでいる看護師も多いです。なぜならクリニックは、時間帯に関するメリットがあります。

大病院の場合は、交代制の勤務になる事が多いです。昼間の時間帯だけでなく、夜勤も担当する事になるので、やや過酷だと感じている方々も目立ちます。

ところがクリニックの場合は、原則として日勤限定になるのです。現にほとんどのクリニックは、診察時間は朝から夕方ぐらいになっているでしょう。

人によっては、大病院での夜勤で疲弊している事もあります。特に引き継ぎのタイミングでは、心身共に疲れ切ってしまう事も少なくありません。

その時には、クリニックへの転職も1つの選択肢になるでしょう。

クリニックの定義とは

看護師の就業場所として病院の次に多いのが、クリニック(医院・診療所)です。

医療法第一条の五により、病床数が19床以下の医療施設・ベッドがない施設をクリニック、医院、診療所と呼びます。

病院は正看護師が多いですが、クリニックでは准看護師の割合が高くなっています。

看護師の転職においては、病院からクリニックへ転職するケースは非常に多いです。

また結婚、出産、育児などを経て、復職する看護師にとっても日勤が多く、残業が少ないクリニックは人気の再就職先となっています。

クリニック・診療所の診療科は内科が多く、次に眼科、そして整形外科が続きます。

クリニックと病院の違いと転職の注意点

武川さん
病院勤務からクリニック勤務に転職した看護師は多いです。
クリニックはブランクのある看護師、日勤のみで働きたい看護師にとっては、人気のある職場ですね。
そこで実際に転職した看護師の体験談から、病院勤務と比較した場合の良し悪し(メリット・デメリット)をあげてみました。

【メリット】
・日勤のみで体力的に楽になった
・残業時間が減った
・勤務地が近くなった
・患者さんとの距離が近くなった
・人間関係が良い(アットホームな雰囲気)

【デメリット】
・長期休暇・緊急の休みが取りづらい
・給料が安い
・看護スキルが下がった
・人間関係が悪くなると居づらい
・雑務が多い

あゆみ
メリット、デメリット両方に出てくる人間関係がポイントですよね。
看護師が少ないと新しい職場に馴染めるかどうかが重要だと思います。
武川さん
はい、院長やスタッフとの相性が大事ですね。
良くも悪くも院長次第で「働きやすさ」が決まってしまいます。
あゆみ
転職前にクリニックの雰囲気や人間関係をチェックしておかないとダメですね。
武川さん
クリニックの雰囲気・相性のほか、診療方針や勤務条件、福利厚生は必ずチェックするようにしましょう。
あゆみ
わかりました!

クリニックへ転職した看護師の体験談

私は、何でも屋?

私は今、先生1人、看護師2人、事務員2人の小さな内科の診療所で看護師として働いています。

私の悩みは、都合よく何でも屋として働かされることです。

以前、大学病院で働いてた時は、注射や、採血、点滴交換、患者対応という看護師の仕事だけでよかったです。(それなりに、人間関係は大変でしたが)

でも、今の診療所では、掃除の人も雇っていないため、当番で朝早く来て、院内の掃除も1人でしなければなりません。トイレの掃除も週1回しています。

ショックだったのは、患者さんに勘違いされてしまい「掃除のおばちゃん」と呼ばれたことです。

他にも、医師がするような仕事もさせられ、インフルエンザの検査も、判定は先生がしますが、鼻に入れて結果がでるまでは、私がしています。

先生も忙しいのは、わかりますが、何でも当てにせず、自分でして欲しいです。

一番大変なのは、事務員がするレセプトの作成を手伝うことです。

月末月初の時期は、一緒に残業をしてレセプト作成をしなければいけません。

夜勤がないのはいいんですが、残業すると、主人や子供に嫌な顔をされるので、私も板ばさみになって正直しんどいです。

また、少しずつ覚えてきましたが、専門ではないため、レセプト作成も間違ってしまうときがあります。

すると、先生や事務の人にすごく怒られてしまいます。

間違える私も悪いのですが、私がしなければいけない仕事ではないのに、何だか割りに合いません。

でも、患者さんはとても優しい人が多いのでその笑顔に救われる毎日です。

新規開業クリニックの看護師(耳鼻咽喉科)

夫の転勤を機に総合病院を退職し、新規開業クリニックの看護師募集を発見しました。

耳鼻咽喉科という専門分野として経験のなかった診療科でしたが、「新規開業のスタッフ」というところに興味を持ち応募しました。

履歴書提出から採用通知、スタッフ顔合わせまでの期間が一月半。

顔合わせではまさかの正社員が私一人で、もう一人準看(経験1年)の方がフルタイムパート、扶養範囲内で働く看護師2人の計4名しかおらず、大きな病院しか経験のない私には不安の多いスタートです。

加えて、顔合わせ翌日から他院(耳鼻科クリニック)での4日間研修。

そして一か月後が開業日という驚きの日程に焦りしかありません。

それでも、幸い同僚の方や医師が協力的で、人格も問題なさそうなことだけが救いでした。

最初の2週間は他院の研修と、耳鼻咽喉科の知識、技術の習得、物品の整理に明け暮れる日々。

最後の1週間は毎日残業し、患者さんへの必要書類や、電子カルテの使用法、事務方との調整、足りない物品の請求に追われ、時間がいくらあっても足りません。

あっという間に迎えた開業日。不安と緊張の中で迎えた初日の患者数は20人。

少ないのでしょうが、全員が新規患者さんのため問診・検査などがすべて一からでてんてこ舞いしたうえ小さな問題も多数生じる反省点の多い1日でした。

その後患者数は一日10~30人で、慣れてくるとクリニックが潰るのではと心配な数字が続き平均50人を超えるのに半年~1年かかりました。

また、新規開業で法人にも所属がなかったため、雇用保険に加入できたのが2年後。

それまでは国民年金で保険は医師国保でした。ボーナスは初年度からあったものの、安定したのは1年後です。

新規開業は一から自分たちで作り上げる楽しみや、開業スタッフとの団結、徐々に患者数が増えるため業務になれる時間が取れることが魅力です。

しかし、入ってみればスタッフが4人より少ないなんてこともざらに聞きますし、保険や年金、交通費に残業手当が支給されないところもあるようです。

今後検討される方は、ぜひ面接時に詳しい確認をしてから就職されることをお勧めします。

小さな個人病院やクリニックに転職する時は条件が大切!

私は現在、整形外科のクリニックで看護師として勤務しています。

このクリニックは私が看護師になって2つ目の勤務先になります。

以前は400床程の大きな急性期の病院に勤務しており、毎日が目の回るような忙しさでした。しかしそれなりに充実感はありました。

そんな病院を育児の為退職し、復帰後働き始めたのが現在のクリニックです。

様々な看護師専門の求人サイトを観覧し、幾つか面接も受け、最終的に決めたのがこのクリニックでした。

希望した条件にピッタリの所を見つけたと思ったのですが…現実はそう甘くはありませんでした。

小さな子供がいる為、17時までの勤務である事と日祝日が休みである事は絶対条件でした。

その他は福利厚生がしっかりしてて、給与は提示された条件で支給してもらえれば問題ありませんでした。

自分自身では難しい条件だとは思ってなかったし、面接の時に伝えた上で採用してもらっているので、大丈夫だと思っていました。ですが実際に働いてみると、それは大きな間違いでした。

まず勤務時間は、8時~17時の条件のはずが、週に3・4日は1時間~1時間半の残業があります。

私も少々の残業は覚悟してましたが、こんなにもとは思ってませんでした。

「話しが違う」と言えば、「看護師不足だからしょうがない」と言われ軽くあしらわれてしまいます。

そしてこの残業は基本給に含まれているらしく、残業代は出ません。

休日は何とか希望通りだったのですが、2ヶ月に1回は必ず日曜日に出勤しなくてはいけません。

院長主催で地域の方とのウォーキング会があるからです。

他にも「子供を扶養に入れたい」と言えば「1年以上勤務しないと無理」と断られ、「通勤手当が支給されてない」と言えばそれも基本給に含まれてるとの事でした。

私はこの現実を、転職経験のある知り合いの先輩看護師に話しました。

すると、何でも小さな個人病院やクリニックではよくある話しとの事でした。

その先輩はそういうトラブルを避ける為、看護師転職のエージェント会社を利用して転職をしたそうです。

条件交渉からアフターフォローまでしてくれて、おかげで良い環境で働けているようでした。

看護師が転職する場合、転職先が総合病院などでない限り、対企業ではなく対個人の契約になります。

加えて看護師という職業は少々特殊な職業なので、転職前の条件交渉はとても大切です。

私も今回の失敗を良い経験とし、現在エージェント会社を利用しての再転職を検討しようと思ってます。

看護師の転職サイトは大きく2種類あります。
1つは、求人検索して自分で応募するサイト、もう1つは担当の転職エージェントがアドバイスしてくれるサイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です