眼科・耳鼻咽喉科の看護師の求人・転職と仕事のまとめ

眼科・耳鼻咽喉科の看護師の求人・転職・仕事

眼科・耳鼻咽喉科の看護師の求人・転職と仕事のまとめ

武川さん
眼科はクリニック・外来での勤務が多く、看護師の転職では人気のある診療科目です。
その大きな理由として夜勤や残業が少なく、生命の危機にある患者さんが少ないためストレスも少ないことが挙げられます。
あゆみ
つまり日勤のみの求人が多いってことですね。
武川さん
はい、働きやすい反面デメリットとして、他の診療科より給料が安くなる傾向にあります。
また眼科は特有のスキルや知識を覚えることが多い割に、他の診療科での応用が効きにくいです。
あゆみ
なるほどです。
では耳鼻咽喉科はどうでしょうか?
武川さん
耳鼻咽喉科も急変が少ない、クリニックなら夜勤が少ないなど眼科と似た特徴がありますね。
ただし求人はそれほど多くありません。
あゆみ
なるほど!
わかりました。

転職希望の看護師さんへ!眼科・耳鼻咽喉科の3つのおすすめポイント

晴れて看護師になった皆様、夢が叶い希望の仕事につけたのに、人間関係や仕事の内容にお悩みではありませんか?

人の助けになるのは嬉しいけれど病気の人を見るのが辛い。

患者さんとの関係は良好だけど同僚と上手くいかない。

そんなお悩みをお持ちの方にあえて転職をお勧めします。

転職と言っても畑違いの仕事に再就職しろというわけではありません。

もっと専門的で精神的にも負担の少ない眼科や耳鼻咽喉科の看護師はどうかなという提案です。

もちろん転職が簡単でない事も、専門的な勉強が難しい事も重々承知です。

ですが、そこを分かったうえで転職をお勧めします。

まず眼科や耳鼻咽喉科といった専門的な分野の看護師をお勧めできる理由の1つが残業です。

働く場所にもよりますが眼科や耳鼻咽喉科には基本的に夜勤がありません。

身体的にも楽になり、精神的にも余裕ができます。

仕事をする上でもプライベートの充実を図る上でも余裕を持って働く事が出来るのは良い事です。

そして2つ目に重病の患者が少ない。

設備が充実している場所や都会の病院では重病の患者に出会う事も多いのですが、土地によってはかなり少なくなります。

看護師をしていると精神的に辛くなる時があります。

日常的に人の生き死にに直面するので感受性の強い方や精神的に強くない方にはかなり辛いと思います。

そういう自己の負担を減らすためにも転職は有用なのです。

3つめは専門的な知識が学べる事です。

それぞれ働く場所によって必要な専門知識が異なります。

新たな場所で働く事は自身のスキルアップにも繋がります。

自分のために、あなたを必要とする患者さんのために、前向きに転職を検討してみてください。

最後になりましたがお勧めの転職サイトをご紹介します。

満足度で選ぶなら「看護roo!」、職場の内部情報まで載っており自分の希望に沿って働けます。

求人件数なら「ナースではたらこ」、その情報量は日本最大と言っても過言ではありません。

安心できる「医療WORKER」、ごく少数しか認定されていない職業紹介優良事業者に認定されている安心の転職サイトです。

他にも転職サイトは多数ありますので是非一度ご自身の目で確かめていただけると幸いです。

良い出会いに巡り合えますよう祈っております。

転職でひそかな人気のある眼科の看護師のメリット

看護師の転職を検討している方は、眼科に注目している事も多いです。

実際眼科は、確かに働きやすい傾向はあります。

例えばルーチンワークに関する傾向です。この診療科目の場合は、検査に関して覚えるべき点は色々あります。

他の診療科目と違って、検査の種類自体は比較的多いのです。慣れない内は、多少大変ではあります。

しかし眼科の場合は、やるべき事はそれほど多くありません。

基本的には急変もありませんから、他の診療科目よりは比較的余裕があります。

ですから現在働いている病院は激務で、余裕のある病院で働きたいと思っている看護師は、眼科を検討している事も多いです。

ところで病棟などで働いている看護師は、しばしば勤務時間に関する悩みを抱えています。

病棟勤務ですと、昼間だけでなく深夜も働くケースが多いです。

それで体力的な負担を感じている看護師も少なくありません。

ところが眼科という勤務先の場合は、基本的には夜勤はありません。

日勤のみになる勤務先も沢山あります。

ただし病院によっては、たとえ眼科でも夜勤になるケースがたまにあります。

しかし夜勤になったとしても、眼科の場合は比較的余裕があるのです。

深夜の時間帯ですと、やる事がほとんどありません。

昼間の時間帯よりも仕事が少ないので、十分に仮眠を取れる勤務先も多いです。

そして眼科は、大抵は残業があります。

大きなクリニックなら残業が生じる可能性はあるものの、確率は低いです。

たいてい眼科の病院は予約制になっていますし、基本的には定時で帰れる傾向があります。

ですから眼科は、看護師にとっては比較的働きやすい勤務先なのです。

それにメリットを感じて、転職先として眼科を検討している看護師も少なくありません。

眼科の看護師の仕事の特徴

眼科の看護師の業務内容は色々あります。

患者に対する検査などを行いますし、点眼や移動介助もあるのです。

高齢者が多い病院ですと、介助する機会も多くなります。

この眼科という診療科目の場合は、検査の多さが特徴的です。

他の診療科目よりも検査の種類が比較的多くなります。慣れない内は、少々大変ではあります。

また眼科の場合は、薬のミスは要注意です。

他の診療科目よりは薬の種類は少ないものの、医師からは口頭で薬剤を指示される傾向があります。

うっかり聞き間違えてしまいますと、間違った薬を使いそうになってしまう事もあるので、注意が必要です。

ところで眼科の病院は、患者の数は比較的多い事もあります。

眼科の病院があまり多くない地域ですと、毎日多くの患者に対応する事も珍しくありません。

では看護師の仕事は忙しいかと言われれば、余裕がある病院が目立ちます。

確かに患者の人数は比較的多くなる事も多いですが、仕事内容はルーチンワークになるからです。

看護業務の作業内容は、比較的シンプルになります。

やるべき事は決まっていますから、多少は患者の人数が多くても、それほど多忙にならない病院が多いです。

それだけに眼科という勤務先の場合は、残業に特徴があります。

ルーチンワークで仕事をこなせますから、残業が発生しない病院が多いです。

他の診療科目よりも、比較的余裕があるのです。

ただ上述の薬の間違いだけは注意を要するでしょう。

薬は患者の眼圧にも関わってきますし、万が一の事があると大変です。

耳鼻科の看護師の仕事の特徴

耳鼻科という診療科目は、対象範囲は比較的幅広いです。

耳と喉だけを診察するというイメージが描かれている事も多いですが、実際には首から上を幅広く診察する傾向があります。

例えば目まいです。

目まいは脳の症状であると見なされている事もありますが、実際には耳鼻科が担当する分野の1つになります。

耳に何か問題があって、目まいを患っている事もあるからです。

それ以外にも様々な症状がありますから、守備範囲は比較的広い診療科目と言われる事もあります。

患者は、全体的に子供が多いです。病院によっては、高齢者が比較的多い事もあります。

それで耳鼻科で働く看護師の場合は、覚えるべき内容は比較的多いです。

特に大病院はその傾向が顕著です。

というのも耳鼻科の場合は、検査の種類は比較的多いです。

その検査は看護師が担当する事になりますから、色々と勉強する内容は多くなります。

とりわけ大病院ですと、検査の種類は大変多いです。

ですから大きな病院で働く場合は、沢山の検査のやり方を覚える必要があります。

逆にクリニック勤務の場合は、検査の種類は比較的少ないので、看護師に対する負担はそれほど大きくない傾向があります。

その検査の兼ね合いもあり、総じて大病院は給料が高めです。

年収450万円も十分期待できる勤務先になります。

なお耳鼻科の看護師の場合は、繁忙期があります。

春先ですと、大抵どこの耳鼻科でも忙しくなります。

その時期になりますと、花粉症などのアレルギーで通院する患者も増えるからです。

無菌操作、手技を統一しなきゃ…耳鼻咽喉科の仕事の悩み

吸引時の手技についてのお話なのですが,鼻腔・口腔吸引時は,清潔操作で吸引を行いますよね。

しかし,気管内吸引の場合には,気管内は無菌空間であるため無菌操作での吸引が必要です。(教科書的には…。)

基本的にナースが実施する際,何度かカテーテルを出し入れしないといけない状況のとき一度気管内に挿入した吸引カテーテルをアルコール綿で消毒し,滅菌蒸留水を2,3回引いてから再挿入するか、もしくは新しいカテーテルを使って再度吸引をかけます。

しかし,私のいた病棟ではST(言語聴覚士)さんが口腔ケア時など吸引をすることがあり,そのSTさんが気管内吸引をする際,一度抜いたカテーテルを消毒することなく(痰がついた状態で)蒸留水を引き,再度気管内に挿入するといった手技を目撃したことがありました。

すなわち蒸留水及びそのカップは汚染された状態になっているわけです。

目撃した時には一言”消毒してから蒸留水引くか,新しいカテーテル使ったほうが…”と声かけしたものの,同僚に聞くと以後もその手技が続いているとのこと。

本来蒸留水も使用しているカップも都度交換すべきだとは思うのですが,何度か使用しているのも現状です。

そして同じような手技で吸引をする先輩も何人かいることが分かり,どれが正しいのか自分でも分からなくなりました。

教科書に立ち返ると,やはり無菌操作だし。教科書通りにいかないことも多々あるのは分かるけれど,蒸留水を引いて再度吸引をかける場合,汚染されたカテーテルを挿入していたのかもしれないと考えると,少し怖くなります。

それから,吸引前にはカップも蒸留水も変えるようにしてはいるのですが,経験年数も浅く強く伝える勇気もなく,悶々としている状況が続いていました。

そうこうしているうちに配属変更がありその病棟は離れることになってしまいました。

自分だけが気をつけてもスタッフ内で統一しなきゃって場面って結構ありますよね。

総合病院から耳鼻科医院へ(看護師転職成功体験談)

(20代後半/女性)

もともとは総合病院で勤務していましたが、現在は耳鼻科医院で正看護師として正社員雇用で働いています。

以前は夜勤が多いだけではなく患者数がそもそも多く、休憩がとれないのは当たり前、残業をするのは当たり前の勤務でしたが、現在は入院する人が少ないので夜勤も多くなく、定時から1時間以内にきちんと帰れる健康的なライフスタイルを送れるようになりました。

年収は450万円程度だったのが420万円ほどになりましたが、総合的な幸福度を考えれば気にならない程度の年収ダウンです。

また、今後昇給する予定もあるので、現在はあまり気にしていません。

私が看護師になったのは、実家の母がシングルマザーで看護職についており、なんとなくあこがれていたのがきっかけではありますが、実際に大人になるにつれ、手に職をつけていることの必要性、現実的に考えたときの生涯年収などを含め、現実的な選択だと感じて進学し、看護師になりました。

これまで転職した回数は1回です。

前述したように、総合病院での勤務は体力面で厳しいところが多く、たくさんの患者さんからの要望を聞いたり、ナース同士のコミュニティでうまくやりすごしていくことを考えたりするストレスもあって、毎日がとても憂鬱でした。

そこで、思い切って総合病院を離れ、自分の生活を向上させることを優先して転職しました。

仕事ではなく、自分の心の余裕からきちんと患者さんを気遣い、本心で笑顔の応対ができる看護師を理想として頑張っています。

転職するときには、自分が何を大切にしたいのか、給料なのか生活なのか、それともやりがいなのか、自分でしっかり考えるのが成功のポイントだと思います。

転職前にはいろいろな人から口出しをされますが、その人が楽をできるように丸め込もうとしていることも多かったです。自分の意見を最優先して頑張ってください。

耳鼻咽喉科の看護師のまとめ

耳鼻咽喉科が扱う患者というのは様々で、看護師は耳鼻咽喉科特有のスキルを取得しておく必要があります。患者は大人だけではなく、子供も多く患者でいますので、少しでも子供好きな人の方が向いているでしょう。これから耳鼻咽喉科の看護師を目指している人に、耳鼻咽喉科の看護師はどんな仕事内容なのかを説明していきたいと思います。

【耳鼻咽喉科で働く看護師の仕事内容】

耳鼻咽喉科は、鼻や耳、のどなどに異常が発生した場合に受診する診療科のことですが、耳鼻咽喉科で扱う患者は、中耳炎など疾患の特徴は季節によって増加することがあります。なので、耳鼻咽喉科が忙しくなる時期というものがあります。

近年の耳鼻咽喉科は、診察する範囲を増やしており、食道や気管、甲状腺など咽喉部だけではなく、頭蓋の内や底などまで診察の範囲を増やしている耳鼻咽喉科があります。そのため、看護師側も自分が働こうとしている耳鼻咽喉科は、どの範囲まで受診するのかを把握しておく必要があります。

耳鼻咽喉科の看護師がする仕事としては「検査の介助」や「診察補助」「患者への生活指導」などがあります。検査の介助などでは、医師がスムーズに診察できるように「医療機器」を的確に渡すことも大事になります。あと、「子供の介助」や「吸引、点鼻薬の指導」などのコミニュケーション力が必要になります。

【まとめ】

耳鼻咽喉科の看護師の仕事内容を説明してきましたが、患者が安心して治療が行えるように医師だけではなく、看護師も耳鼻咽喉科のスキルを持って、的確にサポートしてあげることで、患者を正常な体へと導いてあげることが大事になる仕事です。

眼科クリニック・耳鼻咽喉科クリニックの看護師の仕事

眼科もしくは耳鼻咽喉科のクリニックは地域に根差した経営をしているところが多いです。

その為サイトで求人を探す際は、求人数が多い大手のものを利用しましょう。

地域に特化した求人サイトでも構いません。

可能であれば複数のサイトを併用しておくと安心です。

また、働きたいクリニックが決まっている場合はホームページにアクセスしたり、クリニックに貼り紙がされていないかチェックするのも大事です。

新規開業クリニックでない限り、採用人数は少なく、求人が出てもわりと早く決まってしまうことが多いため気を付けましょう。

転職先の面接が決まったら、以下のことをアピールすると採用してもらいやすくなります。

1つはお年寄りや子供の対応が出来ることです。

眼科も耳鼻咽喉科もお年寄りや子供の患者さんの割合が高いため、その場その場にあった柔軟な対応が求められます。

前職で子供の扱いに慣れている、お年寄りが聞きやすい大きくハッキリとした説明が出来る等と伝えればクリニック側の印象が良くなるはずです。

前職で経験のない方も、普段の生活からお年寄りや子供と話す機会があるならば上手にアピールしましょう。

もう1つは、2月下旬から5月にかけてしっかり勤務できることです。

眼科や耳鼻咽喉科は毎年花粉症シーズンに非常に混み合います。

その辺りを理解した上で、きちんと勤める姿勢を見せるのが望ましいです。

眼科や耳鼻咽喉科は専門性の強いクリニックですが、経験のない方でも、採用してもらえる可能性は十分にあります。

真摯に働く気持ちを伝えるのが一番ですよ。

眼科や耳鼻咽喉科には老年看護の知識が必要

眼科や耳鼻咽喉科に転職を考えたときには、老年看護の知識が必須です。なぜなら、高齢者が多く外来を訪れるからなのです。

これまでに小児や成人病棟を経験したけれど、老年看護にはあまり接したことがないという人もいるかもしれません。

しかしながら、眼科や耳鼻咽喉科に転職を考えたときにはまず老年看護について知識を持っておくと安心です。眼科や耳鼻咽喉科に来る患者の中には、その原因となる明らかな疾患がある場合はもちろん、加齢による症状もあるからなのです。

高齢者の場合は、加齢による視力の低下や聴力の低下、また耳鳴りなどが何か特別な疾患があるためか?と考えて診察に来ることも少なくありません。しかしながら、明らかな疾患がなく加齢による症状の出現、その治療は対症療法しかない場合もあるのです。

そのような高齢者にかかわる看護師は、高齢者の特性をよく理解して接する必要があるのです。また時には認知症などで症状を明確に伝えることができない人もいるかもしれませんね。そのような患者の様子を見て理解をすること。そして耳を傾けることが眼科、耳鼻咽喉科の看護師としての第一歩となるのです。

どの診療科でも診察に訪れる高齢者は多いです。しかし目に関すること、耳や飲み込みに関することというのは、生活により密着をしている部分であり、そこが障害されると、日常生活に影響するので、みんな切実な問題を抱えているのです。それらを理解して接するという姿勢が看護師に求められるのです。

眼科、耳鼻咽喉科の看護師は手術に関する知識も必要

眼科や耳鼻咽喉科の外来に勤務するなら、通常の外来業務、そして医師の診療の介助ができたら問題ないだろうと思っていませんか?実は、それだけではなく、眼科や耳鼻咽喉科の看護師は、手術の知識が必要なこともあるのです。

手術室を備えているような大きな病院であれば、手術室専属の看護師がいて、手術の対応を任せることができます。しかし街中にあるクリニックなどでも簡単な手術などは自院で行うことも少なくありません。もちろん外来をしている時間に手術をするのは難しいので、1週間のうち一日、午後だけを手術にあてる、また午前と午後の診察の間の時間に手術をするということもあるのです。

クリニックで行われる手術ですから、麻酔や機材も限られています。また医師も一人で対応することも多く、看護師の人数も限られるため、行われる手術も決まったものがほとんど。しかし手術となれば、麻酔に関する知識や手術に使用する薬や機材などの知識も必要となります。また術前術後には患者へのオリエンテーションやアフターケアも必要なので、手術に関する知識というのが必要不可欠なのです。

眼科や耳鼻咽喉科への転職を考える人の中には、これまで手術看護に携わったことはないという人もいるでしょう。そのため求人を見たときには、簡単な手術がクリニックでも行われているのか?またそれらの介助につくことがあるのかという情報を得ておくと安心です。もしも詳細がわからない場合は、面接の際に確認してみましょう。

眼科の看護師は段取り力が重要

眼科に訪れる人は、実にさまざまな疾患を抱えています。眼科における疾患によって検査や診察の前に散瞳をする必要がある人、散瞳をする必要がない人もいますが、そこで働く看護師は、患者の診察の進み具合を見ながら必要な事前の処置を行う必要があります。

散瞳というのは、検査や診察前に十分に行われている必要があります。患者によっては、散瞳しにくい人もいます。また散瞳しやすい人もいます。散瞳をすると、まぶしいと感じる場合や視界がぼやけて良く見えないという人もいるため、散瞳が速すぎるのも影響があります。
そのため眼科看護師には、散瞳を開始するタイミングが重要なのです。

さらに検査が終わった後も重要です。散瞳をした後にはすぐに運転をして帰ることは難しいです。また仕事の合間に受診をしている人もいるので、仕事に戻ることも簡単ではありません。そのため診察が終わった後には、クリニックで時間を過ごすことが重要なのです。

患者の中には、診察に時間がかかること、また散瞳をすることによって影響があることにクレームをつける人もいます。しかし診察のために必要なことなので、患者に理解を求められるようにわかりやすい説明をすることが重要です。

ここまでまとめてみると眼科の看護師として働く場合には、診察前の段取りを考えること、また診察後の流れを考えて受診終了とすることが重要です。さらに医師との連携や看護師の動きを見ながら、仕事を進めていくという能力が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です