リハビリ看護師の役割・仕事とリハビリテーション病棟への転職まとめ

リハビリ病院、リハビリテーション病棟の看護師

リハビリ看護師の役割・仕事とリハビリテーション病棟への転職まとめ

団塊世代が75歳以上の後期高齢者になる「2025年」に向け、リハビリ看護が注目されています。

高度急性期、急性期病棟を減らし、リハビリなど回復期の病床を増やす方針がすでに決定済みです。

今後、リハビリ病棟、在宅医療に携わる看護師は増えていくでしょう。

回復期リハビリテーション病棟の看護師の役割

急性期リハビリ →【回復期リハビリ】→ 維持期リハビリ

武川さん
回復期リハビリテーション病棟は、急性期病院での治療を終えて早期に在宅復帰・社会復帰するためのリハビリを行う病棟です。
回復期リハビリテーション病棟での看護師は医者をはじめ、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士など他職種とのチーム医療の中で大切な役割を担っています。
チーム医療の中でのカンファレンスは大切です。
あゆみ
看護師は具体的にはどんな役割を任されていますか?
武川さん
実際に患者さんにリハビリを行うのは療法士の役割ですが、看護師はそれ以外の病棟での時間の看護を行います。
患者さんの生活のリズムを整えて、環境調整・体調管理をするのが主な役割です。
具体的には食事、着替え、洗面、入浴、排泄、おむつ交換など患者さんがリハビリに集中できるように支援する仕事です。
例えば、摂食嚥下障害の患者さんには嚥下訓練、排泄障害の患者さんにはトイレ誘導を行います。
あゆみ
回復期リハビリ病院や回復期リハビリテーション病棟ならではの特徴やメリット、デメリットはありますか?
武川さん
介護業務が多く、医療行為が少ないという特徴があります。
そのため看護技術は身につきにくいかもしれません
しかし、一人一人の患者さんに関わることができます。
実際に患者さんのADLがアップするのを一緒に感じれることがやりがいだという看護師は多いです。
一般的には残業が少なく、一般病棟と比べてゆったりしています。
(※ただし夜勤のナースコールが多い病院もあります)

患者さんに対してのリハビリ看護師の役割
・健康管理・障害の支援
・環境調整の援助
・日常動作(ADL)の援助
・家族への介護指導
・在宅生活・社会生活への援助

あゆみ
プライベートと仕事の両立をしたい看護師やコミュニケーションが得意な看護師に合ってるかもしれませんね。
武川さん
はい。
決して楽というわけではありませんが、回復期リハビリテーション病棟はママさんナースの転職先としても人気があります。
あゆみ
分かりました!

リハビリ看護のおすすめポイント
①残業が少なく仕事と家庭を両立しやすい
②他職種とコミュニケーションを取ることが大切
③患者さんと長く付き合って回復を見守れる

リハビリ看護師の資格

21種の分野のある認定看護師の資格の中に「脳卒中リハビリテーション看護」があります。
全国で679人(2017年時点)が認定を受けています。

脳卒中(脳血管障害)には脳梗塞、脳出血、くも膜下出血があり、日本人の死亡原因の第4位、介護が必要となる原因の第1位です。そのため早期発見、早期治療が非常に大切な疾患です。

脳卒中リハビリテーション看護の認定看護師は、脳卒中でさまざまな障害を抱えた患者に対して、重篤化回避のための予防ケアを実践するほか、急性期・回復期・維持期において患者の生活を再構築し、社会復帰を目指して早期から脳卒中リハビリテーションを実践します。

リハビリ看護師の転職体験談

3回の転職後、リハビリ病院に勤務

(30代前半/女性)

看護師11年目です。現在はリハビリ病院に勤務しています。

過去に3回の転職歴があります。

看護師ながら、身体があまり強くない為体調を崩してしまい療養が必要になってしまった為、その都度退職して療養し、体調改善後に再就職という形を繰り返しました。

元々、脳血管リハビリに興味があった為、最初は総合病院の脳外科病棟に勤務し、3交代で勤務しながら脳外科看護の経験を積みました。

勤務4年目で病院命令での整形外科病棟への移動があり、脳血管リハビリに携わることができなくなりました。

ですが、整形外科病棟でも学べることは吸収しようと思い、日々精進しました。

勤続6年目になる年に多忙から体調を崩してしまい、主治医との相談の結果退職を選択しました。

1年近く療養した後、体調を見ながら働けるようにと仕事量を減らす為に個人病院に就職致しました。

徐々に体調も整い、仕事にも慣れ楽しく働いていましたが、やはり脳血管リハビリに携わりたいという思いが強くなり、リハビリ病院への転職を決意し退職し、無事にリハビリ病院に転職致しました。

リハビリ病院では、脳外科の患者様だけでなく、整形外科の患者様も多い為、総合病院での経験を生かすことができました。

また、特に脳外科の急性期でJCSⅢレベルの患者様が、リハビリ病院では経過を見ながらオムツを外し、1日1回でもトイレに誘導し、便座に座るトレーニングをしたり、歩行の感覚を取り戻すべく数人かがりで歩行介助をすることで、JCSレベルが劇的に改善し、何度も感動しました。

やはり、自分のやりたいことに向き合うことで、仕事もより楽しくなるんだと感じています。

ただ、私は転職歴があった為、リハビリ病院への転職の際にネックとなり、面接さえして頂けないこともありました。

その為、簡単な理由で退職を考えてしまう新人スタッフにはその経験を踏まえ、不用意な退職・転職は良くないと伝えています。

リハビリテーション病院で常勤看護師として勤務

(20代後半/女性)

Q1.簡単な自己紹介をお願いします。
兵庫県のリハビリテーション病院で常勤看護師として働いています。

年収は400~450万程度です。

夜勤を多めに入れてもらっているため休みや明けの時日に飲み会を開いて先輩や友達たちと過ごしています。

Q2.看護師を目指した理由を教えてください。
看護職に就いた理由としては祖母、母がともに看護師として働いていたため、物心ついた時から看護師を目指していました。

また就職が厳しいこのご時世に看護師側が就職先を選べることが多い点でも看護師を目指した理由になります。

Q3.現在までの転職回数を教えてください。
現在まで転職は2回しており、現在勤めている病院で3つめの病院になります。
Q3.転職理由を教えてください。
1つめの病院の転職理由としましては、専門的な知識を身に付けたくて、よりその分野に特化した病院に就職を希望して転職しました。

2つめの転職理由としましては2つめの病院が実家から距離があり一人暮らしをしていましたが、祖母の容態が悪化し、家族の介護が必要な状況になったため実家に帰らなくてはいけなくなったために2つめの病院を辞め、実家から近い現在の病院に転職をしました。

Q4.目指す看護師像は?
理想の看護師像としましては、患者に寄り添える看護師を第一の目標としています。

業務が多忙になってくると患者に対する対応が適当になってしまうことがあると思います。

忙しい業務の中でも患者第一に物事を考えていけるような看護師を目指しています。

そして、少しの変化にも気付ける看護師になれるよう、患者に寄り添い信頼関係を築き、ちょっとした変化でも患者が訴えやすいような環境を整えることも看護師の大切な仕事たと思っています。

Q5.転職活動を通じて感じたことはありますか?
まず、人から聞き得た情報だけではなく実際に病院を自分で見学して病院の雰囲気を体感することは大切だと思います。

病院を案内してくれる方は実際に面接時にも出会う可能性があるので病院見学の時から笑顔を大切にはきはきとした受け答えをすることは必要かなと感じます。

面接当日に好印象から入ってもらえるように第一印象を良くすることが面接の対策になると考えています。

Q6.これから転職する後輩へのアドバイスをお願いします。
自分がなにをしたいのか。を明確にしていたら大丈夫だと思います。

病院によって特色は様々なのでそこを抑え、笑顔ではきはきとした対応をしていれば悪い印象を持たれることはありません。

笑顔ではきはきとした対応は就職した後も役に立つと思うので頑張ってください。

リハビリに特化した看護師になりたくて転職

(30代前半/女性)

勤務場所:横浜
職種:正看護師
施設形態:回復期リハビリテーション病院
雇用形態:正社員
年収:520万円
Q1.看護師を目指した理由を教えてください。
叔母が保健師をしており、以前から憧れがありました。

高校生の頃、進路に迷っている際に学校の先生の進めで、ボランティア活動で病院に行くことになり、実際の看護師の働きを見て、看護師になることを決意しました。

人の役に立つような仕事にやりがいを覚えたのは、看護実習に出て、実際に患者様に触れてからです。

Q2.現在までの転職回数を教えてください。
2回です。
Q3.転職理由を教えてください。
初めに就職したのは、看護学校付属の病院。配属は整形外科病棟でした。

初めは右も左もわからず、ただ毎日を過ごすだけでしたが、手術後の患者様のリハビリにも関わるようになり、もっと専門的にリハビリに特化した看護をしたいと思い、転職を決意しました。

Q4.目指す看護師像は?
患者様の入院中の生活を送る場面で、看護師は一番そばにいる存在であり、精神的な支えとなるべき存在であると思います。

患者様の気持ちに寄り添い、身体的な看護だけでなく、心のケアもできることが理想です。

多くの経験や知識で、患者様の安心や安全を守れたらいいなと思って日々精進しています。

Q5.転職活動を通じて感じたことはありますか?
回復期リハビリテーション病院は、人員不足が深刻です。

それゆえ、転職の応募では重宝されることが多いと思います。

ゆえに、自分の働きたい条件などは有利に進めることができると思います。

ぜひ、自分の条件ややりたい事などは、転職先にぶつけてみてください。時には、年収についても相談に乗ってもらえるかもしれません。

Q6.これから転職する後輩へのアドバイスをお願いします。
初めての転職は緊張するかもしれません。

けど、新しい職場ではたくさんの経験を得ることができます。

まずはしっかり見学をして、自分のやりたいことを相手に伝えることが大切だと思います。

素敵な職場に出会えることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です