美容クリニックの看護師求人ベストまとめ!転職前に知っておきたい仕事内容と転職体験談

美容クリニックの看護師求人

美容クリニックの看護師求人ベストまとめ!転職前に知っておきたい仕事内容と転職体験談

看護師の転職先として人気の美容クリニックについて

美容外科クリニックや美容皮膚科クリニックへの転職は、人気の転職先の一つと言ってもよいでしょう。東京、横浜、大阪、名古屋、福岡をはじめ、多くの都市にあります。実際に出産・育児などブランク後の復職や未経験から美容クリニックに転職する看護師も多いです。

しかし、実際に働いてみると、病棟勤務とは異なる特殊な業務も多いこともあります。ベストな転職を実現するために、美容クリニックの看護師の良し悪し、悩み、仕事内容など転職をする前に特徴を知っておきましょう。

◎美容クリニックのメリット・デメリットまとめ

メリット

・日勤のみ・定時あがりの働き方ができる
・給与が比較的高い(指名制度・報奨金制度)
・キレイになれる(女子力がアップする)
・立地がよいことが多い(通勤が便利)
・患者さんの命に関わるケースが少ない

デメリット

・看護師としてのスキルが低下する恐れがある
・ノルマのあるクリニックがある
・病棟勤務への復職が難しくなる可能性がある

武川さん
一言で美容クリニックと言っても、大きく2つに分けると、美容外科と美容皮膚科があります。美容外科の仕事にはオペがあり、その介助をすることが多く、美容皮膚科にはオペがなく、患者対応の仕事が多くなります。
あゆみ
美容クリニックと病院や一般のクリニックの違いって何かありますか?
武川さん
美容クリニックでは、目標の売上に対する「報奨金制度」や「指名制度」があるところが多いです。たとえば、基本給が少ないところでも売上が大きい月は給与が大幅にアップすることもあります。
ドクター以外にエステティシャンと一緒に働くところも多く、治療というよりカウンセリングや施術が多いというのも特徴です。
あゆみ
美容クリニックに転職したい場合にどんな資格・スキルがあれば有利でしょうか?
武川さん
オペ室勤務などできれば2.3年の臨床経験があるとよいですね。病棟勤務では、オペ室以外では皮膚科や整形外科、形成外科の勤務経験は若干有利になります。あとスキルとして注射・点滴・採血は必須です。接客や美容に関する知識・資格があればより有利になります。
あゆみ
なるほど!よく分かりました。
美容クリニックに向いている看護師像について。清潔感のあることは当然として、美に対する意識があり、接客ができることも大きなポイントになります。つまり、社交性や話し方、そして笑顔が大切です。転職の面接では、そうした一面をアピールするとよいでしょう。

クリニックへの転職体験談

◎結婚、出産でクリニックへ【病棟→クリニック】

病棟で働き始めて3〜5年たち、1年目の指導もやり、何人も先輩の結婚、産休を見守り、やや中堅にさしかかってくると自分もそろそろ結婚したいな、子供ほしいなと考えるようになります。その時が転職を考えるチャンスです。といっても看護師は女性の職場ですから、産休や病院内保育園が充実しているし、結婚休暇ももらえるのでそのまま病棟在籍しながら子育て期間に入る、ということもできます。

結婚してすぐ退職というより、産休に入ってから辞めることも多いのではないでしょうか。私も今まで頑張ってきた分、休ませて欲しいという思いで産休に入りました。もちろん辞めどきは人と職場によりますが。大体の看護師は激務の病棟勤務と結婚生活の両立に疲れ、せっかく子供を授かったのだから復帰するとしてものんびり日勤だけやりたい、育短使っても先に帰るのに引け目を感じやすいし残業しなければいけないことが多いし、もっと働きやすいところへ移りたいと考えるようになります。

そういうわけで病棟は新人と子育て終えた世代が多く30代が以外と少ないのです。病棟勤務と比べると、クリニックは時間の融通がきくことが一番の利点でしょう。私の友人は昼休憩が2時間で、読書をしていると言っていました。私は病棟勤務で1時間休憩のはずが仕事が終わらず30分程度となり、売店で急いで買って口に詰め込むなんて日々、心底羨ましいと思いました。

そして友人は朝ゆっくり9時出勤。病棟は早番だと6時から、通常はだいたい7時半につくように行っていました。残業もなく土日休み、友人は趣味の習い事など充実していました。ただ、福利厚生が充実していてボーナス、残業代や夜勤手当があるので私の方が給料はよかったですけど、独身の時と結婚後と優先することがかわってきます。かといってせっかく持っている免許ですから、働き方をかえて無理なく仕事と家事育児を両立させたほうが生活にも潤いができるのではないでしょうか。色んな働き方ができる看護師、子育て世代にはクリニック勤務をお勧めします。

◎結婚のため、初めての転職【総合病院循環器病棟→クリニック】

私は北海道のとある総合病院で、循環器病棟の看護師として7年間働いていました。夜勤もあり、チームリーダーや看護研究、委員会の仕事などバリバリ働いていました。

私は10代のころからお付き合いをしていた彼がいて、いよいよ結婚の話が出始めました。遠距離恋愛をしていたので私が引っ越すことになったのですが、今まで頑張って働いてきた分、今の職場を退職しなくてはならないのが辛かったです。

私の病院も人手不足でしたので急に退職すると言うのは失礼かと思い、結婚の話が出てからはできるだけ早めに師長に相談し、仕事の引き継ぎなどがスムーズにいくようにしました。

仕事を辞めて引っ越してから、ハローワークに通い始めました。同時に看護師求人サイトにも登録しました。私は看護師になって転職したことがなので、初めての転職になります。どのように情報を得たらいいのかよくわからなかったので、使えるものは全部使おうと思いました。

私はクリニックやデイサービスでの6時間程度のパートを希望していました。しかし、引っ越した先が田舎のほうだったため、あまり求人数も少なく希望するような仕事になかなか出会えませんでした。

よく看護師は引く手あまただと言われますが、慣れない土地での転職はなかなかうまくいかないこともあるのだなと思いました。

看護師求人サイトからは登録してすぐに電話がかかってきました。今のところ条件に近いものは特別養護老人ホームでの9時~18時までのフルタイムの仕事と言われ、この仕事は見送ることにしました。勤務時間の希望がなかなか合わなく、妥協も必要なのかなと悩んでいました。

すると一か月後くらいに、家からすぐ近くのクリニックで看護師の求人が出ました。しかも勤務時間が一日4~6時間で良いそうです。これは希望にぴったりだったのですぐに連絡して面接させてもらいました。クリニックも数年前に建ったばかりでとてもきれいで働きやすそうな職場だと感じました。

初めての転職でわからないことだらけでしたが、無事、希望するクリニックで働き始めることができて良かったです。

◎クリニックの看護師の仕事【夜勤のある病院→クリニック】

現在看護師として働いています。看護師の仕事には、夜勤の勤務がある入院施設のある病院勤務、患者様のところへ行く在宅看護、入院施設のない定時で帰れるのようなクリニック勤務などがあります。

私は、看護師として働き出してから夜勤のある病院で勤務をしていましたが、院内の仮眠室で交代で睡眠をとることにも慣れず自宅に帰れば寝るだけの毎日が過ぎてやりがいは感じられるものの体力的にも限界で自分には合わなかったため、今はクリニックに勤めています。

クリニックにしたのは、結婚しても子供ができても無理なく働けて両立できることと、自分のプライベートな時間も持てるからです。クリニック勤務になってからは、仕事にプライベートに充実しています。

看護師の求人には、週1回からの募集もあるので、その時々の状況で働けるのも女性にとって良いと思います。

私にはクリニックのような勤務体系があっているので何度か転職しつつ現在のクリニックにいます。転職を何度かした理由は、ドクターや従業員の人と合わなかったからです。

総合病院などは、たくさんのスタッフとたくさんのドクターがいるので人間関係はさほど気になりませんが、クリニックなどはドクターが自分で開院されていらっしゃるため、少人数体制なので人間関係が重要になります。

ドクターも個性豊かな方々が多いですし、看護師も気の強い人がほとんどだと思います。クリニックでの看護師の仕事は、ドクターの診察につくこと検査をする時はドクターの助手、ドクターがする場合もありますが採血や点滴です。

ドクターとの距離が近いため合わないとすごくきついです。ドクターが診療しやすいようにタイミングを合わせることができるよう日々努めています。

仕事をしていて、患者様に技術面でお褒めのお言葉を頂くとこの仕事をやっていて心からよかったと思います。今までに採血をされた看護師さんの中で一番痛くない!と言っていただけた時は最高に嬉しかったです。

◎友人が美容クリニックに再就職【市民病院→美容クリニック】

友人の看護師が地元の小さな美容クリニック(美容皮膚科)で働いています。彼女は既婚者で中学生と高校生の子供がいて、子供が中学に入ってから再就職しました。

独身の頃は大きな市民病院で働いていたので夜勤あり、休日出勤になることも多く、勤務が大変で遊びに行く時間もないと聞いていたのです。ですから、美容クリニックに再就職してからは家事や子育てと十分、両立させながら働けるのが嬉しいと聞きました。

美容クリニックは専門的な知識が必要で難しい感じはしますが、病院勤務とそれほど変わらないようで、緊急性がない分、精神的にも楽なようです。まず、仕事内容はほとんど医師のサポートで病院勤務とそれほど変わりません。違うのは電話対応や受付での対応があることです。

美容クリニックに通う患者さんも様々でニキビ治療で通っている若い女性、シワやシミに悩んで通っている50代や60代以上の女性、最近は男性もたくさん通っているようです。

大きな市民病院から小さな美容クリニックに転職したので収入が減ったと思っていましたが、以前より収入も増えて年収400万円以上稼いでいます。看護師は一般的な会社員とは違い、転職をして収入が減ることがあまりないようです。経験や実績次第で高収入を稼げる仕事で、大きな病院、小さい病院とか関係ないと聞きました。

友人の先輩は40代後半ですが、年収500万円以上稼いでいると聞きますし、看護師は高収入を稼げる仕事だなと思います。もちろん、その分、仕事は大変で市民病院で働いている時は食事の世話、嘔吐や排便の片付けもしていたようです。

看護師の転職先として人気の美容外科クリニック

看護師が転職をしたいと希望する方が多くいる仕事先には、美容外科クリニックがあります。

なぜ、美容外科クリニックが看護師の転職先として人気があるのかというと、看護師として転職をしたいと希望している人の多くは、夜勤が多い、人間関係に悩んでいる、仕事内容がハードであるといった理由で転職を考えている方が多くなってきているからです。

これらの悩みでは美容外科クリニックでの勤務であれば、悩みを解消することができる可能性が高いとして、転職先として人気があります。

まず、美容外科クリニックでの勤務は夜勤が少ない理由は以下の通りです。

美容外科での手術や治療では、日帰りの患者さんが多く、一般病棟のように入院が必要な患者さんは少ない、夜勤をする必要がない、クリニックの診療時間のみの勤務となります。

人間関係の悩みとしては、大学病院などでの働いている看護師が多い仕事先では、先輩や後輩ともめてしまうという可能性も高くなってしまいます。

しかし、美容外科クリニックで働いている看護師の数が限られているため、人間関係に悩むといった可能性が格段に低くなります。

仕事内容がハードではない理由には、美容外科クリニックでは来院する患者さんは予約制をとっている方が多く、一日の来院数にも限りがあるので、ハードな仕事になりにくいのです。

勤務地域
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県・山梨県・新潟県・長野県・富山県・石川県・福井県・愛知県・岐阜県・静岡県・三重県・大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

(美容クリニックの看護師求人ベストまとめ!転職前に知っておきたい仕事内容と転職体験談)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です