日勤で働きたい看護師に人気の保育園ナースと企業内看護師の役割と仕事内容とは?

保育園看護師・産業看護師の求人

日勤で働きたい看護師に人気の保育園ナースと企業内看護師の役割と仕事内容とは?

医療機関以外の勤務場所

看護師の勤務先と言えば、一般的には病院やクリニック、診療所をイメージすると思いますが、この他にも視野を広げて行くと児童や老人の福祉施設だったり、中には保育園や学校の保健室や特に大企業にある社員用の医務室等があります。

福祉施設は、児童や老人の方の健康管理を行うのが主な仕事内容で、時には悩みを聞いてあげたり日常会話のお相手をしてあげたりと、ある意味カウンセラー的な役割を担うこともあるかと思います。

保育園や学校の保健室は、体調の悪い子供達のお世話をしたり、もしかして体調が悪くなくても何となく保健室に駆け込んで来る子供達もいるので、そのような時には居心地の良い環境をさりげなく与えてあげられると良いのかも知れません。

企業で働く看護師の仕事は社員の健康管理を指導したり、体調が悪くなった社員に適切な処置を行っていきます。

他にもデータ処理など病院やクリニックと比べてもパソコンを使ったデータ管理の仕事が多くあります。

企業で働く看護師はOLと同じような働き方ができますが、病院のように看護師仲間は多くはないので適切な判断ができる看護師が企業勤務に向いているといえます。

ただ、難しく考える必要はありません。十分、病院勤務の経験やスキルを活かしながら働けますし、社員がメンタルの相談を気軽にできる相手として信頼もされます。

企業の医務室は、社員の体調や健康管理を行っていて、健康診断のアフターフォローをしたり、社員全員のインフルエンザの予防接種をしたり、社員がわざわざ外部の医療機関に行かなくても済むような、とても大切な場所になっていることと思います。

また、勤務時間は朝の9時から17時や18時までのところが多いです。

残業少な目で土日休みの企業も多く、夜や週末は家族と一緒に過ごせるので、特に既婚者の看護師に企業の求人が人気です。

しかも、福利厚生も充実しており、病院勤務と同じ以上の収入を稼げるので企業の求人が看護師の転職で人気となっている理由が分かります。

ただ、企業の看護師求人は病院やクリニックと比べると求人数は少なめです。

都心に求人が多く、地方になるほど求人数は少なめですぐに希望の求人が見つかるというわけではありません。

勤務場所としたら狭き門の可能性もありますが、一般的な医療機関に比べたら、看護師同士や医師との煩わしい人間関係も減るようにも感じます。

ですから、看護師の人材紹介に登録して非公開求人を紹介して貰うスタイルが多いと聞きますし、企業に転職を考えているなら時間を掛けて求人を探すのがお勧めです。

看護師が1人だけの勤務だと、判断に迷ったり責任もあるとは思いますが、その分やりがいやマイペースに自分らしい仕事が出来るのではないでしょうか。

武川さん
医療機関以外で保育園看護師は、日勤希望、小児科での実務経験のある看護師に人気の職場です。平均年収は320万円程度と給料はあまり高くありませんが、夜勤シフトがなく、定期的に休めるメリットがあります。
あゆみ
保育園や幼稚園は、子供好きなら働きがいのある職場ですね。
武川さん
はい、保育園看護師は園児のケガ・体調不良、感染症の予防など園児の健康管理、体調管理には欠かせない存在です。
あゆみ
看護師の実務経験が役立ちますね。
武川さん
また医務室勤務の企業内看護師、産業看護師も根強い人気があります。夜勤がなく残業も少ないなど、労働環境のよいことが人気の理由です。
あゆみ
夜勤ができない人にはいい職場ですね。
武川さん
ただし、デメリットもあります。
保育園看護師もそうですが、看護師として一緒に働く仲間がほとんどいませんし、医療スキルも下がる可能性があります。
また年収も若干減る可能性が高く、求人自体も少ないです。
あゆみ
なるほどです。
武川さん
医務室勤務以外では、製薬会社、医療機器メーカー、治験コーディネーターなどの職場があります。
看護師募集自体が少ないですが、タイミングが合えば、看護師転職サイトで良い求人が見つかることがありますね。
あゆみ
看護師求人サイトをうまく活用しないといけませんね!

企業内看護師とは

看護師の方がよく転職先として希望していて人気のある勤務先に、企業内看護師があります。

企業内看護師とは、企業や会社などに設置されている健康管理室や医務室などにて働いている看護師のことをいいます。

看護を行う対象者は会社で働いている社員のみを相手とするため、一人一人の患者さんに向き合い仕事を行うことができるだけではなく、勤務時間は社員が働く勤務時間と同じであることから、平日のみの勤務であれば社員と同じ時間で働くことができます。

病院での勤務の場合には、ハードな仕事内容や勤務時間が長くなってしまったり、休日が定まらないなどのデメリットがあります。

それに対して、企業内看護師の場合には比較的仕事内容が社員の体調管理を行ったり、体調が悪い方の看護、健康診断を行うときなどのサポートなど、仕事内容が定められていることが多いので、働きやすいといったメリットがあります。

企業内看護師として転職を希望している看護師の方も多いといいます。

実際に転職を行った看護師の中には、病院での勤務よりも企業内看護師として働いていた方がよいと、転職を行ったことに満足をしている現役の看護師の方も非常に多くいるそうです。

産業看護師の仕事内容

看護師の資格を活かしつつ、医療施設ではなく一般企業で働く道を考えたことはありますか。

一般企業の保健室で働く看護師を産業看護師と呼びます。

医療施設にて看護職を経験し、その後転職先として産業看護師を選択する方は少なくありません。

そこではどんな仕事が待っているのでしょうか。

1、看護対象は?

医療施設との最大の違いは、医療施設を訪れる患者さんではなく、その企業に勤める社員になります。つまり社員の身体的、精神的健康を管理することが求められます。

2、仕事

企業の保健室での仕事となりますので、社員の健康相談や体調管理が主になります。また、パソコンを使ってのデータ管理も行うことになるでしょう。

エクセル、ワード、メールソフトなどを使う機会は、医療施設での勤務比べると多くなります。仕事は、社員、産業医師、人事部とコミュニケーションを取りながら行うことになります。

最近は、生活習慣病やメンタルヘルスケアなど、社会問題として大きく捉えられていることもあり、産業看護師に求められる役割は年々大きくなっています。

3、勤務時間

病院などの医療施設と異なり、土日が休日となる日勤勤務のところが一般的です。夜勤、土日勤務がないので、自分自身の健康管理やスケジュール管理がしやすいと感じる方もいるかもしれません。

4、やりがい、スキルアップ

給与面に関しては、夜勤、土日勤務などのある看護職に比べ低い傾向があります。

また、病院勤務時に感じるような大きなやりがいや喜びは、一般企業では感じる機会が少なくなると言わざるを得ません。

産業看護師の場合、いかに社員さんが生き生きと働ける環境を提供できるかがキーになってきます。

近年、メンタルヘルスケアに力を入れる企業が増えていることもあり、産業看護師に期待する役割は増えつつあります。

その他、衛生管理者資格や、心理カウンセラーなどの資格とったりとキャリアアップを目指すことも可能です。

以上、看護師資格を活かして、一般企業で働く道をご紹介しました。

転職に際し、自分で企業ホームページをチェックすることも大切ですが、直接コンタクトを取り、仕事内容を確認し、企業との相性も見た上で産業看護師として働けるといいですね。

保育園ナースに転職!(体験談)

(20代後半女性)

幼い頃より、看護師や助産師に憧れをもっており、看護師という道を選びました。

専門学校を出て、希望していた市立病院の小児科病棟に配属され、大変ながらもやりがいのある毎日でした。

市立病院では変則二交代制であり、20代前半のうちは、夜勤もそこまで苦痛を感じていなかったです。

しかし、27歳の時に同じ看護師である主人と結婚し、お互いすれ違い生活であること、年齢を重ねるうちに体力に限界を感じるようになりました。

それでも、仕事にやりがいを感じていたので続けていたのですが、体調を崩すようになってしまい、将来子供が欲しいと考えた時に、夜勤という体制は厳しいのではと思い、転職する事に決めました。

しかし、看護師となってから7年間小児科勤務であったため、成人を対象としたクリニックなどは不安があり、看護師転職サイトを利用し相談しました。

日勤であること、出来るだけ残業が無いこと、小児科経験が活かせることを条件に探してもらい、保育園ナースとして転職することになりました。

転職をして給料は減りましたが、規則正しい生活となり、家庭の事も以前より出来るようになりました。

転職回数は1回だけですが、1人で転職先を探していたら、未だに決められなかったか、ブラック企業などに就職していたかもしれません。

それほど転職には無知な状態でしたので、転職サイトの方のアドバイスやお話は本当に参考になりました。

転職する際には転職サイトを利用した方が良い転職先を見つけてもらう事が出来ると感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です