看護師転職の履歴書・志望動機 再就職に成功する応募書類の書き方まとめ

看護師転職_履歴書志望動機

看護師転職の履歴書・志望動機 再就職に成功する応募書類の書き方まとめ

看護師の再就職事情

看護師をはじめとする看護職員の有効求人倍率は、2014年度にナースセンター調べで2.79倍、正看護師にいたっては3.26倍でした。高齢社会に向けての看護師不足を解消するため、看護大学が急増したとはいえ、現在も依然として、看護師が不足している状況は変わりません。

また看護師求人を大きく左右する「診療報酬改定」も看護師求人に大きく影響します。たとえば、過去には、2006年度の「7対1入院基本料」導入で、看護師求人が急増しました。

2016年度改定では、「地域包括ケアシステム」と「病床機能の分化・強化、連携」を推進することが決定しています。影響として考えられるのが、訪問看護ステーションの求人の増加、7対1入院基本料算定の要件強化により7対1病床が削減することでの病棟看護師の減少なども考えられます。

他にもいろいろありますが、「ワーク・ライフ・バランス」をしっかりと意識しながら、看護師としてのキャリアを考える必要があるでしょう。

看護師の転職に必要な応募書類と履歴書

武川さん
看護師の転職に必要な応募書類は以下の通りです。

■看護師の転職で必要な応募書類

・履歴書(病院によってはフォーマットが決まっている場合もあり)
・看護師免許証の写し
・成績証明書
・職務経歴書
・健康診断書

あゆみ
準備するものがたくさんありますね。
武川さん
この中で成績証明書、職務経歴書、健康診断書は必ずしも必要ではなく、病院によります。たとえば、大学病院、国立病院・公立病院、済生会・日本赤十字病院・労災病院・社会保険病院・厚生年金病院、大手の病院グループなどで、必要になる場合があります。
また自分自身で応募書類を送る場合は添え状を添えるとよいでしょう。
あゆみ
履歴書を書く場合の注意点はありますか?
武川さん
基本的に履歴書の書き方自体は、一般企業と変わりません。
学歴の卒業した学校、職歴の法人名は略称ではなく、正式名称で書きましょう。
会社の場合と病院の場合の書き方(表現)の違いはあります。
病院の場合、入社は「入職、退職」または「勤務、退職」、貴社は「貴院」ですね。
あゆみ
履歴書を書く時に注意するポイントは何でしょうか?
武川さん
履歴書は一言でいえば、「自己アピールツール」と言い換えることができます。
履歴書の中でも「顔写真」、「志望動機」、「退職理由」は採用担当者の目に留まりますので、特に意識した方が良いでしょう。
履歴書に特記事項がある場合は、そこで意気込みを伝えても良いですね。
履歴書(応募書類)の書き方は、看護師転職サイトの担当者が詳しいので、分からないことがあれば、どんどん質問してください。
あゆみ
分かりました!

採用担当者は履歴書のどこを見るのか?

医療機関は中途採用で求める人物像をかなり具体的に絞っています。病院、介護施設は、特定の能力や技術を持ち、即戦力となる人を求めています。その第一印象を決めるのが、履歴書です。

履歴書は少なくともマイナスイメージを持たれないように丁寧に書く必要があります。基本的な注意点としては、文字を丁寧に書くこと、空欄が多くならないこと、誤字脱字をチェックすることです。誤字脱字が多いと普段からミスの多い人だと思われてしまいます。

特に「顔写真」、「志望動機」、「退職理由」は大切です。

顔写真は印象を決める重要なファクターなので、プリクラや背景付写真はもちろんNGです。スピード写真はできる限り避け、写真店で撮影するとよいでしょう。

最近では、顔写真の加工、修正がフリーソフトやアプリで誰でも簡単に自宅でできるようになりました。しかし、やり過ぎはかえって、面接時の第一印象が下がってしまい、よくありません。常識の範囲内に抑えておきましょう。

次に採用担当者の目がいく記述項目は、「志望動機」と「退職理由」です。実際に採否を決定しているのは、この2項目であると過言ではありません。

特に「志望動機」はオリジナリティーを最大限発揮できる欄なので、空白がないようにしっかり考えて書くことが大切です。面接でも必ず聞かれる項目なので、要点を絞って書くとよいでしょう。

注意点として、看護師転職サイトの志望動機例の丸写しはやめておいた方が無難です。

職歴では「転職回数・頻度、未就職期間」をチェックされます。転職回数が多いとどうしても「採用しても、すぐに辞めてしまうのではないか?」と思われてしまいます。

転職回数の多い人、短期間の間に転職を繰り返している人は、面接対策としても転職理由をしっかりと考える必要があります。

職歴のブランクに関しても、1年なら大丈夫ですが、2,3年以上のブランクが空くと病院・施設によっては気にされます。ブランクが長い場合、手厚い教育・研修環境のある医療機関・施設に応募した方がよいかもしれません。

>>看護師転職の面接対策

看護師転職の志望動機の書き方

ネット上に、看護師の志望動機のサンプル例が多く出ており、採用担当者から「同じような文章をよく見かける」という話を聞きます。

ネット上に出ているサンプルは、多くの人も参考にしているので、そのまま書き写したような志望動機では印象がよくありません。

先輩の志望動機や転職の体験談を参考にしながらも、他の応募者とは違うオリジナリティを出すために、「なぜこの病院(医療施設)で働きたいのか」を今までの経験とこれからのキャリアでこうなりたいという接点から、具体的に書く事が必要です。

これまで小児科だったけれど、皮膚科に行きたいなど経験と異なる分野であっても、具体的に患者さんとのエピソードやこれまでの経験などから、応募する病院の内情をふまえて志望の理由を書くとよいです。

たとえば、教育体制を理由にする場合は、具体的にどこに魅力を感じ、自分としてはどうなりたいのかといった事まで書けばよいでしょう。

履歴書の中で、志望動機の他に採用担当者にアピールするのに、「免許・資格」欄があります。キャリアアップを目指す看護師なら、看護師国家資格や普通自動車免許以外に仕事に役立つ資格を取得しているかもしれません。

たとえ、今は資格を持っていなくても、現在勉強中であれば、、「○○取得に向けて勉強中」と記載するとよいでしょう。またすでに試験日が決まっており、取得可能性が高い場合は、「○月に取得予定」と記載します。

ただし、学びたい、キャリアを磨きたいということを必要以上に強調しすぎるのもよくありません。病院、施設側はしっかりと働いてくれる看護師を必要としているからです。

もし学びたいのなら学校に行けばよいでしょう、と多くの採用担当者は考えてしまいます。たとえ学ぶにしても、その先のことが大切です。

一般的に中途採用の採用担当者が採用時に一番重視することは、「職務経歴(キャリア)」で、その次が「志望動機」です。
ここで気を付けたいのが、「人の役に立ちたい」、「勉強したい」といった漠然とした志望動機や「給与や待遇が良い」といった志望理由です。たとえ、本音ではそうであっても、それを全面的にPRするのではなく、それよりも自分自身の志、使命といったより抽象度の高い視点から、志望動機を考えていきましょう。

看護師募集、東京23区、横浜市、名古屋市、京都市、大阪市、神戸市、福岡市、広島市、仙台市、新潟市、川崎市、さいたま市、北九州市、堺市、浜松市、熊本市、岡山市、静岡市、船橋市、相模原市ほか全国各地で人気の看護師求人サイト!

(看護師転職の履歴書・志望動機 再就職に成功する応募書類の書き方まとめ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です